TOP > 私たちの仕事場 > モノリス

正しさを誇ろう。正しく生きよう。中学受験で伝えたいこと。

モノリス
校長:安陵達也

●なぜモノリスで働いているの?

モノリスの一員であることの、誇り。

大小さまざまな規模の塾が生徒獲得に向けて広報合戦を繰り広げています。曰く『必ず成績を伸ばします』曰く『○○高校に何名合格!』など。しかし、こうした言葉の裏で実際に各企業が競っているのは、成績アップや最新の映像技術に関する学習システムであり、校舎数や売上げなどの企業規模です。私は何か違和感を覚えます。教育とは「人対人」です。先生が発するメッセージによって、子どもたちに生きた学びや頑張る活力、挑む勇気を与えることができます。モノリスは、人を大切にし、人の力を信じている会社です。規模は決して大きくありませんが、一つひとつの校舎の質はとても高いと自負しています。私もその一員であるという誇りが、自分に力を与え続けてくれているのです。

●仕事における苦悩と喜びは?

大変な時代を生きる子どもたちのために。

思春期真っ盛りの中学生を多く受け持っているので、「勉強を教える」以外の部分で気になることが多いです。とかく無気力、無関心と言われがちな昨今の子どもたちですが、将来を憂うような事件や出来事を伝えるニュースが意識せずとも耳に入ってしまう状況の中で、子どもたちなりに『自分の在り方』を模索しているようです。「何かしなきゃいけない。でも何をしたらいいのかわからない」と悶々としている子が数多くいるなぁと、日々、実感しているのです。加えてレベルの高い高校や大学に入りさえすれば、素敵な未来が約束されるとは言えなくなってしまった今日、子どもたちの傍に立つ大人の一人として「自分に何ができるだろう。何を伝えてあげられるのか」と自問自答してしまうことがしばしばあります。しかし、やはりブレずに伝え続けることは一つ。『勉強って大事だよ』ということに変わりはありません。単なる教科指導にとどまらず、人としての成長に繋がるモノリスならではの指導のもと、いつか生徒自身が「モノリスで学んだから今の自分があるんだ」と実感してくれる瞬間があったとしたら、もうそれだけで十分だという感覚を持つようになってきました。

●就活に忙しい学生の皆様へ

結局、自分がどうありたいか。

長引く不況の中、就活の大変さばかり囁かれますが、学生の皆さんには、今この時代に就活を迎えたことをチャンスと受け止めてほしいですね。私が就活をしていた10年前に比べれば、企業の価値観や働き方は多様化している上、それこそ今は「自分で何でもできる時代」になっています。これは私にとっては、とても羨ましいことです。最初に就職した企業の存在は、先々の人生において非常に大きな意味を持ちます。だからこそ悩み抜いて最良の選択をしてほしいのです。そして「自分がどうなりたいか」「自分がどうありたいか」という観点も加えることで、就活の方向性が見えてくるのではないかと思います。その上で、私たちの考えや価値観、モノリスの取り組みに共感していただけることを願っています。